Tsuyoshi Nakamura : CAFC Alert

How to claim triangle relationships among three elements to win broader claim construction

Tsuyoshi Nakamura | June 19, 2013

Douglas Dynamics LLC v. Buyers Products Co.

May 21, 2013

Panel:  Rader, Newman, and Mayer.  Opinion by Rader.  Dissent by Mayer.

Summary

Connection between two elements is relatively clear and does not cast heavy doubt.  Adding another element allows possible variations in connections among three elements and requires deeper thoughts of a claim drafter.  In this case, the CAFC reversed the district court’s narrower claim interpretation of “connected to” in light of its ordinary meaning and the usage in the specification.  Judge Mayer dissented from the majority’s claim construction.  Contexts of a claim are source for supporting specific claim interpretation.  A functional limitation supported a  favorable interpretation for patentee and saved a problematic structural limitation from a pitfall.

特許クレームは、3つの部品(フレーム)相互の接続関係を“connected to”という用語で定義した。クレームは、最初のフレームが3番目のフレームに直接接続されている態様だけに限定されるべきか、それとも2番目のフレームを介して間接的に接続されている態様も権利範囲に含まれるのかが争点となった。クレーム解釈の技法として、クレーム用語の通常の意味、明細書の実施形態の参酌に加えて、地裁およびCAFCともクレームの文脈に基づいて自身のクレーム解釈を正当化した。しかしながら、両者が認定した文脈には違いが存在する。地裁は構造的な限定に注目して解釈をし、CAFCは機能的な限定に鑑みて理由付けを行った。


Read More/続きを読む

Dealing with Different Embodiments of the Specification

Tsuyoshi Nakamura | December 26, 2012

Sandisk Corp. v. Kingston Tech. Co., Inc.

October 9, 2012

Panel:  Prost, Reyna and Wallach.  Opinion by Prost.  Dissent by Reyna.

Summary

The claim construction of the term “relative time” caused the issue whether one of two different embodiments of the specification should be excluded from the scope of literal infringement.  The district court excluded the second embodiment, focusing on the claim term “time.”  CAFC disagrees, emphasizing the significance of the claim term “relative.”  Judge Reyna dissents.

明細書が2つの実施例を含んでいる場合に、クレームの文言が両方の実施例をカバーしているのか、それとも片方の実施例は除外されるべきかが問題となった事件である。この問題は、クレームに記載された「相対的な時間」(relative time)の文言解釈をどのように行うかによって判断が分かれた。地裁ならびにdissent(反対意見)は、クレームの「時間」(time)を厳格に解釈して第2実施例を除外すべきと判断した。CAFCは、クレームの「相対的」(relative)に重きを置き、第2実施例を除外すべきでないと判断した。「両方の実施例がクレームでカバーされる」という一言が明細書に含まれていれば、この問題は回避できたと思われる。
Read More/続きを読む

When should incorporation by reference language be taken care of?

Tsuyoshi Nakamura | July 11, 2012

Hollmer v. Harari

June 7, 2012

Panel:  Prost, Mayer, O’Malley.  Opinion by Prost

Summary

During the interference proceedings, Harari relied on the disclosure of 07/337,579 (‘579 application) which had been originally incorporated by the earliest 3rd great grandparent application 07/337,566 (‘566 application) of the subject application 09/310,880 (‘880 application).  The ‘566 application included the disputed incorporation statement and had been abandoned.  Two intervening applications copied the same statement and had been patented.  The subject application (‘880 application) included the copy of the statement, but Harari corrected the incorporation statement by preliminary amendment which, according to Hollmer, was new matter because it would newly introduce the disclosure of ‘579 application.  CAFC decided for Harari by applying the relaxed “reasonable examiner” standard (Harari I, 602 F.3d 1348).  However, Harari was not allowed to claim the benefit of the filing date of the ‘566 application because CAFC found that the intervening applications in the chain leading back to the earlier ‘566 application did not comply with the written description requirement due to the ambiguous incorporation statement by applying the strict “person of ordinary skill” standard.

本件は、米国特有の”incorporation by reference”プラクティスに関するものである。インターフェアレンス手続において、Harariは最先の出願(566出願)が”incorporation by reference”によって引用した米国出願(579出願)の開示内容に依存した。566出願は不十分な”incorporation by reference”の記述を含んでいたがそのまま放棄された。566出願の出願日の利益を主張する出願がその後5代に渡って続き、全ての出願は当該不十分な”incorporation by reference”の記述をコピーしていた。Harariは5代目の本願(880出願)を予備補正して”incorporation by reference”の記述を訂正したが、2代目と3代目の中間の出願はそのような訂正を経ずに特許になってしまっていた。本願に関する予備補正が新規事項の追加になるか否かの争いについて、CAFCは、ゆるやかな「審査官の観点」の基準を適用して予備補正が適切であると判断した。一方、本願が特許法第120条の利益を享受して最先の出願日に遡るためには全ての中間の出願が” written description requirement”の要件を満たす必要がある。この要件が不十分な”incorporation by reference”によって妨げられるか否かの争いについて、CAFCは、より厳しい「当業者の観点」の基準を適用して第120条の利益を認めなかった。

[実務上の指針] 最先の出願日に遡るためには、その間にある全ての中間の出願を補正して適切な”incorporation by reference”の記述を含むようにしておくことが必要。


Read More/続きを読む

Subscribe | 登録

Archives

Categories

词典 / 辞書 / 사전
  • dictionary
  • dictionary
  • 英語から日本語

Double click on any word on the page or type a word:

Powered by dictionarist.com