reasonable royalty : CAFC Alert

Damage calculations based on entire market value rule is improper absent evidence that patented feature drives demand for entire multi-component product

Shuji Yoshizaki | September 19, 2012

LaserDynamics, Inc., v. Quanta Computer, Inc.,

August 30, 2012

Panel:  Dyk, Clevenger and Reyna.  Opinion by Reyna.

Summary

LaserDynamics, owner of a patent regarding optical disc drives, sued Quanta Computer Inc. and Quanta Storage Inc., etc. for patent infringement.  In calculating damages, the entire market value rule is a narrow exception to the general rule under 35 U.S.C. § 284 adequate to compensate for the infringement.  Only if showing that the patented feature drives the demand for an entire multi-component product, a patentee may be awarded damages as a percentage of revenues or profits of the entire product.  The date of the hypothetical negotiation for the purpose of determining the reasonable royalty is the date that the infringement began, which is sometimes or often earlier than the date of the first notice of the infringer’s infringement.  To prove or tend to prove a reasonable royalty, the evidence of the granted licenses and the royalties received by the patentee for the patent in suit are probative.

原告は光ディスクドライブに関する特許の所有者であり、光ディスクドライブメーカーと、そのドライブを組み込んだラップトップPC組立メーカーとを特許侵害で訴えた。争点の一つは、損害賠償の計算方法であるが、特許技術の部品を含む完成品の市場価格に基づく計算方法(entire market value rule)は、合理的なロイヤルティ(reasonable royalty)について定めた特許法284条の例外であるため、特許の特徴が複数部品からなる完成品全体に対する需要を引き起こしたということを証明しなければ、そのような計算方法を使用することはできない。換言すると、そのような立証ができた場合にのみ、特許権者はその完成品の売上もしくは利益に乗じた損害賠償を受けることができる。また、合理的なロイヤリティを決定するための判断基準となる日は、いわゆる仮想的交渉日(hypothetical negotiation date)に基づいて判断されるのであるが、それは、被告による侵害開始の日であって、被告が侵害を最初に知った日(たとえば警告日や訴状提出日)ではない。さらに、合理的なロイヤルティを証明するためには、問題特許に関して、特許権者が受け取ったロイヤルティなどが、証拠の一つとなる。


Read More/続きを読む

Subscribe | 登録

Archives

Categories

词典 / 辞書 / 사전
  • dictionary
  • dictionary
  • 英語から日本語

Double click on any word on the page or type a word:

Powered by dictionarist.com